クローズドキャプション情報サイト
ホームトピックスご利用ガイドCCで学ぼうCCデコーダーメールマガジンお問い合わせリンク

  | CCで英語を学ぶために | クローズド・キャプションの歴史 | 英語学習者のためのDVDとCC活用講座 |
| テレビの映像方式について | リージョンコードについて | CC対応のハード環境
| CC対応のソフト環境 |
| CC対応ビデオ一覧 | CC対応DVD一覧 | CC対応放送一覧 | CC対応LD一覧 | CC対応のテレビ放送 | ホーム |
 
     

 

 テレビの映像方式について 

地上波アナログカラーテレビ放送の映像方式にはNTSC、PAL、SECAMがあります。アメリカでは1953年、テレビジョン・システム委員会(National Television System Committee)が自国の映像方式の規格(NTSC方式)を定めました。日本はアメリカと同じNTSC方式を採用しました。これに対し、ドイツやイギリスなどはNTSCを改良したPAL方式を、フランスやロシアなどはSECAM方式を採用しました。

NTSC方式が走査線数525本なのに対し、PALとSECAMは走査線数625本で、映像の情報量が多い分、より綺麗に映ると言われています。
それぞれの映像方式は互換性がないため、記録された映像方式に対応するハード(テレビモニタ、ビデオデッキ、DVDプレーヤー等)を用意する必要があります。
もっとも映像方式の変換機能を備えたDVDプレーヤーもありますから、ご安心ください。
⇒ おすすめDVDプレーヤー 

映像方式 主な地域
NTSC アメリカ、カナダ、中米
 " 日本、台湾、韓国
PAL イギリス、ドイツ、イタリア
 " スペイン、インド、オーストラリア
SECAM フランス、ロシア、東ヨーロッパ


   
         
     
このページのトップへ
 
 



| ホーム | トピックス | 利用ガイド | CCで学ぼう | CCデコーダー |

| メールマガジン | お問い合わせ | リンク | サイトマップ |

Copyright(c) 2004-2016 Closed-Caption.com

 
ホームに戻る メールを送る リンク集